自分でタイヤ交換したことありますか?

 

夏タイヤから冬タイヤへタイヤ交換の時期や

パンクなどの緊急事態など

ディーラーや車屋さんに持ち込んで頼めば

工賃含めて1本500円くらい

4本で2,000円程度ですが

自分でタイヤ交換すれば節約になります^^

 

タイヤ交換の工賃はどこが安い?持ち込み費用を比較してみました

 

実際、自分でタイヤ交換やってみると

そんなに難しくないんですよ。

 

ということで、今回は、

自分でタイヤ交換する場合に

必要な道具や手順を紹介していきます。

 

Sponsored Link


タイヤ交換に限らず、何ごとも準備が大事!

タイヤ交換に限らず、何ごとも準備が大事!

タイヤ交換に必要な道具は、

  • ジャッキアップ
  • ホイールナットレンチ
  • ジャッキハンドル

(マイナスドライバーもあれば完璧です。)

 

その他、

軍手は、作業時の怪我や

汚れ防止に着用しましょう。

女性の方は、汚れ対策として

レインコートを用意すれば便利です^^

 

タイヤ交換ができるようになれば

万が一のトラブル時でも

予備タイヤを積んでおけば

いつでも自分で交換できるようになります。

自分でタイヤ交換する際の一般的な流れ

タイヤ交換は、

ちゃんとポイントさえ押さえておけば

女性でも簡単にできますよ^^

 タイヤ交換の手順

(作業時間目安:1時間)

  1. タイヤの状態をチェックする
  2. タイヤの交換位置を決める
  3. タイヤのホイールキャップを外す
  4. ナットを少しだけ緩める
  5. ジャッキで車体を持ち上げる
  6. ナットを外しタイヤを交換する
  7. ナットを締める
  8. ジャッキを下ろす
  9. タイヤカバーをして片付ける

車を必ずアスファルトやコンクリートなど

硬く水平な場所で行いましょう!

坂道だと車が動き出す恐れがあるので

絶対に避けてください!

 

シフトを、P(パーキング)にして

サイドブレーキがかけます。

車止めをするとさらに安全です。

 

まずは、タイヤの状態をチェック!

スリップサイン出ているタイヤは、

買い替えが必要です!

 

他にも傷やひび割れがあるタイヤは、

破裂の危険性があるので、

よーくチェックしてくださいね。

タイヤを取り外し

まずは、ホイールカバーを外します。

ホイールカバーが外れたら

レンチを使ってナットを緩めます。

外すのではなく緩めます。

目安は、1/4回転くらいです。

 

続いては、ジャッキアップを取り付けて

車体を浮かせましょう。

自分でタイヤ交換する方法!必要な道具や簡単な手順、注意点とは

車の下部分を覗き込むと

ジャッキアップを取り付ける専用の

凹みがあるのが分かります。

適当につけてしまうと車に傷がついたり

割れやヒビが入ってしまいます。

 

タイヤが持ち上がったら

先ほど緩めたナットを外して

タイヤを取り外します。

タイヤを取り付け

タイヤを取り付ける時は、

ナットを対角線上で締めましょう!

 

ナットが4つ穴なら「×」を書くように

5つ穴なら☆「星」を書くように

締めるのがコツです。

こうすることで

タイヤの取り付け位置の偏りが減るんです。

 

ジャッキを下げたら、最後に

しっかりナットを締めましょう!

タイヤ交換する時の注意点

ナットを締める時の注意点ですが

ナットは、

強く締めればいいわけじゃないんです!

 

実は、ホイールナットには、

規定の締め付けトルク(力)があるんです。

取扱い説明書にしたがって

適正トルクでナットを締めましょう!

タイヤの交換位置を決める(ローテーション)

タイヤの交換ローテーション
引用:https://www.goodyear.co.jp/knowledge/rotation.html

タイヤによっては、

付ける位置が、右側か左側が

指定されているタイヤがあります。

 

「←」の表示では、左側専用、

タイヤの回転方向を示しています。

左右逆に取り付けてしまうと

排水やブレーキ性能の低下を招きます。

タイヤ位置をローテーションをおすすめします。

タイヤの方向性の指定が無い場合は、

タイヤの偏摩耗を防ぐために、

タイヤ交換時には、

タイヤローテーションを行いましょう。

 

その理由は、

前輪と後輪でタイヤの擦り減り方が

違うからです。

 

一般的には、前輪はショルダー(両端)部分、

後輪は、センター部分に

磨耗が起こりやすくなっています。

タイヤ交換時には、タイヤ位置をローテーションをおすすめします。
引用:https://www.goodyear.co.jp/knowledge/rotation.html

また、FF車(前輪駆動)と

FR車(後輪駆動)でも磨耗が変わります。

 

タイヤをローテーションすることで

磨耗が均一になり

タイヤを長持ちさせることができます。

 

タイヤ交換が終わったら

どの位置にあったタイヤなのか

シールを貼るなど目印をつけておく

次回のタイヤ交換で役に立ちます。

 

タイヤの処分はどうする?処分・廃棄方法や費用、買取などについて

タイヤの空気を入れる

次回のタイヤ交換で役に立ちます。タイヤの空気を入れる
引用:https://www.goodyear.co.jp/knowledge/air.html

保管してあったタイヤは、

空気が抜けているので

近所のガソリンスタンドなどで

すぐにタイヤの空気を入れましょう。

 

タイヤの空気圧は、

運転席のドアの部分に書いてあります。

指定圧力の1割増くらい入れると良いです。

 

自分で空気圧をの調整する場合は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

タイヤの空気圧!自分で簡単なタイヤ点検のやり方やチェックポイント

 

タイヤの空気を入れたら

終わりではありません。

最後に、ナットの増し締め! 一番重要なところです!

タイヤを交換したばかりの時は、

ボルトやナットの噛み合わせなどで

少し走行していると

少しだけナットが緩んでくる時があります。

 

10kmくらい走ったら

トルクレンチを使って

再度ナットを締めましょう!

 

ナットの増し締めを行なったら

タイヤ交換は完了です。

 

最後に、

ホイールカバーを付けて保管しましょう!

タイヤは、

直射日光や風雨にあたらないように

倉庫などに保管しておきましょう。

 

直射日光に当たるとひび割れの原因となり

タイヤの寿命を縮めてしまいます。

 

車のタイヤの保管場所はどこがいい?最適な場所や注意点とは

タイヤ交換動画

タイヤ交換の方法は、

動画が分かりやすいので

参考にしてみて下さい^^

これで安心! JAFが教えるタイヤ交換の方法

 

Sponsored Link


タイヤの交換|タイヤの点検|ダンロップ

意外にタイヤ交換は簡単なのですが・・・

上記の動画のように

標準装備のジャッキやレンチを使うと

メチャクチャ疲れます^^;

 

もっと楽にタイヤ交換する方法は、

下記の道具がオススメです^^

  1. 油圧ジャッキ
  2. トルクレンチ

 

油圧ジャッキは、車を簡単に持ち上げる道具。

トルクレンチは、ナットを

最適な強さ(トルク)で回す道具です。

タイヤ交換におすすめ 油圧式ジャッキ人気ランキングTop3

タイヤ交換におすすめ 油圧式ジャッキ人気ランキング

油圧式ジャッキとは、

力の伝達を油圧を介することで

楽に重いものを持ち上げられます。

 

1度使うと2度と手放せないほど

ジャッキアップを楽にして

タイヤ交換や下回りの点検時などに

絶大な効果を発揮する人気アイテムです。

 

ここからはAmazonの油圧式ジャッキ

おすすめ人気ランキングを紹介します。

【第1位】メルテック ローダウンフロアージャッキ(2t) ローダウン対応 F-70

品質や耐久性は決してよいとは言えませんが

優れたコストパフォーマンスで

入手しやすいことから

不動の1位をキープしています。

口コミ・評価

  • 安いなりの製品だが、
    年に数回の使用には十分な品
  • ローダウン用ですが
    思っていたよりは高さがある
  • リリーフバルブの開き加減に
    気を付けないと急に降下する

【第2位】マサダ製作所 シザーズジャッキ 1,000kg DPJ-1000DX

国内外から高い評価をうける

高品質の油圧機構が特徴です。

口コミ・評価

  • 車載ジャッキは二度と
    使用する気にならないほど楽
  • 品質・耐久性に安心感がある
    おすすめの一品
  • 本体は丈夫だが、
    ポンプシャフトとケースなどの
    付帯品がやや粗末

【第3位】メルテック フロアージャッキ(2.25t)Meltec F-85

車体重量1.5t〜2tの車に適した

汎用性の高いフロアジャッキです。

口コミ・評価

  • アタッチメントゴム付属で
    この価格は十分満足
  • 1輪ずつ持ち上げるのは余裕。
    2輪を上げる場合は少々不安
  • ジャッキダウンしてから
    引き抜く際に自重で
    最下部まで下がりません

 

コストパフォーマンスに優れる

輸入ジャッキが依然として人気ですが

品質と信頼性に優れる国産油圧式ジャッキは

高価ながら根強い人気を誇っています。

 

続いては、トルクレンチの

おすすめ人気ランキングを紹介します。

タイヤ交換におすすめ トルクレンチ人気ランキングTop3

タイヤ交換におすすめ トルクレンチ人気ランキング

最後に、ナットの増し締め!

の項目で紹介しましたが

特に重要で必ず揃えたい道具は

「トルクレンチ」です。

 

タイヤ交換のみでトルクレンチを選ぶ際は、

ホイールナットのトルク値が設定できる

プリセット型トルクレンチや

あらかじめトルク値が設定された

単能型トルクレンチがオススメです。

【第1位】E-Value プレセット型トルクレンチ ETR4-200

トルク値を調整する目盛も

設定しやすい構造となっていて

取扱説明書もわかりやすいので

 

タイヤ交換など

初めてトルクレンチを使用する方には

コスパも抜群でおすすめしたい製品です。

口コミ・評価

  • 初心者でも使いやすい。
  • コスパに優れている。
  • トルク値の
    設定目盛が合わせやすい

【第2位】KTC(ケーテーシー) ホイルナット用トルクレンチ WCMPA103

車のホイールナット締め付け用となる

「単能型トルクレンチ」です。

 

中でもトヨタ、ダイハツのホイールナット

締め付けトルク値が「103N・m」

車種に対応するタイプで

トルク値設定に変更は必要ありません。

※車種限定となるため
 購入する前には
 整備マニュアルやディーラーで
 あらかじめ確認をおすすめします。

口コミ・評価

  • タイヤ交換のみ使用するには最適
  • 工具メーカー
    KTCのものであるため信頼できる
  • 良い製品だが、
    ナットソケットの脱着がむずかしい

【第3位】EMERSON(エマーソン) レンチセット トルク対応レンジ:28~210N・m EM-29

工具メーカーとして有名な

エマーソン製のベーシックな

トルクレンチセットです。

 

対応するトルク値の範囲幅が広いので、

タイヤ交換以外にも

オイル交換や幅広いボルト締め付けにも

威力を発揮します。

口コミ・評価

  • エマーソンのトルクレンチは
    使いやすい。
  • 今まで、
    十字レンチとインパクトレンチを
    使用していたが、
    高速回転時には
    ホイールを傷つけそう。
    簡単、安全で
    もっと早く買えば良かった。
  • 整備、カスタムに使用していて、
    カチッという音が分かりやすい。

自分でタイヤ交換する方法!まとめ

楽にタイヤ交換する道具を紹介しましたが

個人的には、

油圧式ジャッキは、第1位の

メルテック ローダウンフロアージャッキ(2t)

トルクレンチは、

第3位のEMERSON(エマーソン) レンチセット

1つのトルクレンチで

色々な作業ができるのでおすすめです^^

 

ディーラーや車屋さんでタイヤ交換すると

4本で約2,000円かかりますが

1シーズンでは、

夏タイヤ→冬タイヤへ

冬タイヤ→タイヤ夏へ

2回交換で約4,000円もかかりますね!

 

タイヤ交換は、難しそうに感じますが

女性でもタイヤ4本交換するのに

1時間もかかりませんし簡単にできます^^

 

一度、道具を揃えて

やり方さえ覚えてしまえば

お金の節約にもなりますし

時間の節約にもなるので一石二鳥ですね^^

 

タイヤの空気圧ってどのくらいが良い?インチアップしたら適正空気圧の見直しを!

タイヤに窒素ガスは効果ない?車に窒素ガス補充のメリット・デメリット

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ