国土交通省は、11月15日、

気象庁が警報を出すレベルの大雪の時に、

立ち往生が懸念される

高速道路や一部の道路区間で

タイヤチェーンを装着していない車の

通行を禁止する道路標識の新設や

タイヤチェーン規制を

2018年冬から義務化の方針を公表しました。

 

そこで今回は、

スタッドレスを履いていても

走れない雪道規制があるの?

など紹介したいと思います。

 

Sponsored Link


タイヤチェーン規制の義務化とは?

タイヤチェーン規制の概要とは?

国土交通省の公表の要旨をまとめると

今回のチェーン規制は、

  • 大規模な立ち往生などが
    発生しやすい地点のみでの規制
  • この規制下では、
    スタッドレスタイヤのみでは、
    通行できない
  • 2018年12月上旬から施行予定
  • どの程度で規制を実施するかは、
    現場の判断
    (具体的な降雪量では決まってない)

上記が大きなポイントとなります。

 

詳しくは、コチラを参考にしてみて下さい^^

国土交通省「チェーン規制等に関する改正案のパブリックコメントを開始します」

 

国土交通省は、12月14日に

チェーン規制を一部改正しました。

 

なお、誤解している方も多い

新タイヤチェーン規制について

今シーズンからの規制区間や

知っておくべきポイントなど

くわしくはコチラを参考にしてみて下さい^^

新タイヤチェーン規制は、規制緩和?知っておくべきポイントとは?2018年12月14日改正

「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の背景とは?

「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の背景とは?

2018年2月に、

国道8号、福井・石川県境部を中心に

北陸地方を襲った豪雪で

大型車の脱輪をきっかけに最大約46km、

約1,500台の車両が滞留する事態が発生、

解消までに2日と17時間を要しています。

 

このような大規模な立ち往生があり

国土交通省が定める特定の道路において

道路管理者や警察など諸機関の判断から

 

チェーンの装着を

義務化できるようにしたものが

今回の規制の背景のようです。

 

詳しくは、

コチラを参考にしてみて下さい^^

国土交通省「国道8号での対応について」

チェーン所有率は、豪雪地帯ほど低い?

チェーン所有率は、豪雪地帯ほど低い?

ウェザーニュースの調査によると

全国の車の所有者に、

(※沖縄県を除く46都道府県で実施)

タイヤチェーンを

  1. 持っている
  2. 持っていない

上記の2択で回答を募集した結果、

 

7796人の回答者のうち

1951人(約25%)が

タイヤチェーンを持っている

と回答していますが

 

いわゆる「豪雪地帯」の

北陸や東北の日本海側は、所有率が低く、

定常的に雪が降る地域では、

冬用タイヤの装着率は高い反面、

チェーンを用意していない人が多い

という結果になっています!

 

チェーン所有率と12~2月の平年降雪量

  • 富山県: 2.0 %(345 cm)
  • 福井県: 7.1 %(260 cm)
  • 新潟県: 7.8 %(195 cm)
  • 北海道:10.2 %(456 cm)
  • 青森県:25.9 %(555 cm)

 

詳しくは、

コチラを参考にしてみて下さい^^

<独自調査>豪雪地帯ほど低いチェーン所有率 今冬チェーン規制明確化

 

Sponsored Link


豪雪地帯に住んでいる方の反応は?

富山在住です。
なぜ富山のチェーン所有率が低いか?

それは県内の幹線道路はほぼ融雪装置が
整備されているからです。

また行政が除雪予算を
毎年計上しているため、
降雪量の多い日は夜中まで
除雪車が作業してくれています。

だから
スタッドレスタイヤで十分なんです。

チェーンが必要なのは
普段降雪の少ない、または
ほぼ無い地域の緊急用で良いのでは?
義務化は意味がわかりません。

豪雪地の在住です。
チェーンは持っていません。

でも、11月に入るとみんな、
次々とスタッドレス(冬タイヤ)に
交換します。

軽自動車でも、
ほとんどの人は
寒冷地仕様の4WD車です。

寒暖の差の激しい地域は、
雪の降っていない11月でも
朝晩は路面が凍り、

日中はカラカラに
乾いていることもよくあるので、
冬タイヤは大事です。

除雪もされず
凍結したままの高速を走るのならば
チェーンは必須でしょうが、
通常は
チェーン装着の必要性は感じません。

そもそも普通タイヤで
雪道運転しようとする人は、
雪国にはいませんし。

北海道在住です。
高速や高規格道路や国道や
平地の生活道路しか運転しないなら、
チェーンなんかいりません。

チェーン装着車が溢れたら
渋滞の原因になるので
本当にやめてほしい。

グリップしてくれる
スタッドレスを常に履いていれば
大丈夫です。

豪雪地帯ほど
チェーン所有率が低いということを、

国交省が考えている新たな規制
「チェーン義務化」の内容は
その事実も含めて考えているのだろうか。

豪雪地でも

スタッドレスで大丈夫だから

持ってないだけで、

必要としている人は、

ちゃんと持っていて

現地の方は、

「使い分けてる」だけみたいですね!

 

大型車のタイヤ脱落事故に注意!冬に増加する理由や脱落責任、防止対策は?

タイヤチェーン規制を義務化へ!?まとめ

スタッドレスを装着していて

立ち往生した車が多かったことから

チェーン規制にする流れになったようですが

今のスタッドレスは100%と言いませんが

スタッドレスでも安全に運転できています。

 

スタッドレスタイヤは高いから

チェーンを車載しておけばって方も

いると思いますが、

 

圧雪で、ベタ雪の日本海側なら

雪に埋まったらヘルパーがいないと

脱出できないとか

圧雪路がチェーンで凸凹に掘り起こされて

車がスリップしやすくなったりとか

逆に危険な状況を作ると聞きます。

 

夏タイヤ+雪道に慣れていない方への

義務化ならわかるけど、

ガッツリ降雪がある地域では、

無意味ではないでしょうか?

 

それよりも

スタッドレス装着してない車の厳罰化や

促進させた方が早い気がしますが^^;

 

その予算は、今回の施行をするよりも

スタッドレスタイヤの購入補助金に

回してもらいたいものですね。

雪道ドライブ!雪道を安全に運転するコツや注意点とは

え!雪で立ち往生、ノーマルタイヤは罰金なの?立ち往生した時の対策術など

スタッドレスタイヤ、チェーン比較!併用や使い分け方の基準とは?

タイヤチェーンの装着方法やチェーンを付けるタイミングとは?

雪道でスタックして車が動かない!自力で脱出する方法とは?

なぜフロントガラスに霜ができるの?車に霜が降りる3つの条件とは

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ