自動車事故対策機構(NASVA)と国土交通省は、

2018年11月29日、

「平成30年度前期自動車アセスメント」の

①予防安全性能評価は、乗用車10車種、

②衝突安全性能評価は、4車種の試験を実施、

評価結果を発表しました。

 

今回は、2018年度前期の

①予防安全性能評価比を紹介します。

 

Sponsored Link


自動車アセスメントって何?って方は、

コチラから先に読んで下さいね^^

自動ブレーキなど予防安全性能評価(安全装備)比較【2018年度】

 

②衝突安全性能評価の動画など詳細は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

2018年度 自動ブレーキ比較!予防安全性能評価【6~10位】

2018年度 自動ブレーキ比較!予防安全性能評価(126点満点)

予防安全性能評価は、

乗用車10車種の試験を実施しています。

※詳細は、メーカー・車名をクリックしてください。

  1. トヨタ「カローラ スポーツ」
  2. スバル「フォレスター
  3. ホンダ「N-VAN」
  4. マツダ「アテンザ」
  5. スズキ「ソリオ」「ソリオバンディット」・三菱「デリカD:2」「デリカD:2カスタム」
  6. 三菱「eKスペース」「eKスペースカスタム」・日産「デイズルークス」「デイズルークス ハイウェイスター」
  7. トヨタ「カムリ」・ダイハツ「アルティス」
  8. スズキ「クロスビー」
  9. 三菱「エクリプス クロス」
  10. ホンダ「オデッセイ」

 

※追加:1/16

ホンダ 「CR-V」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

 

※ 追加:2019年2月22日

マツダ 「CX-8」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

マツダ 「CX-5」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

マツダ 「CX-3」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

 

※ 追加:2019年3月4日

ホンダ 「インサイト」2018年度予防安全性能評価で 最高ランク「ASV+++」獲得!

 

予防安全性能評価の見方は、

コチラ⇒評価の見方

 

予防安全性能評価で、

10車種中6車種が最高評価の

「ASV+++」を獲得しています。

  • トヨタ『カローラスポーツ』
  • スズキ『ソリオ/ソリオバンディット』
    (三菱『デリカD:2/同カスタム』)
  • スバル『フォレスター』
  • ホンダ『N-VAN』
  • マツダ『アテンザ』
  • 三 菱『eKスペース』
    (日産『デイズルークス』)

トヨタ「カローラ スポーツ」

試験車両:

カローラ スポーツ HYBRID G “X”

 

◆総合得点:122.4(126点満点)

 

被害軽減ブレーキ

  • [対車両]:32.0点(32.0点満点)

カローラ スポーツ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

被害軽減ブレーキ

  • [対歩行者]:65.0点(65.0点満点)

カローラ スポーツ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h

  • 夜間

カローラ スポーツ:被害軽減ブレーキ試験 CPFO60km/h

車線逸脱抑制:
16.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
1.4点(5.0点満点)

 

ペダル踏み間違い時加速抑制:
2.0点(2.0点満点)

カローラ スポーツ:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

カローラ スポーツ:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(後退)

スバル「フォレスター」

試験車両:フォレスター Touring

 

◆総合得点:122.3(126点満点)

 

被害軽減ブレーキ

  • [対車両]:32.0点(32.0点満点)

フォレスター:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

被害軽減ブレーキ

  • [対歩行者]:61.3点(65.0点満点)

フォレスター:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h

  • 夜間

フォレスター:被害軽減ブレーキ試験 CPFO45km/h

車線逸脱抑制:
16.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
5.0点(5.0点満点)

 

ペダル踏み間違い時加速抑制:
2.0点(2.0点満点)

フォレスター:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

フォレスター:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(後退)

 

スバル新型フォレスターの詳細は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

スバル「フォレスター」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

 

Sponsored Link


ホンダ「N-VAN」

グレード:

N-VAN +STYLE FUN Honda SENSING

◆総合得点:120.6点(126点満点)

被害軽減ブレーキ

  • [対車両] :32.0点(32.0点満点)
  • [対歩行者]:64.0点(65.0点満点)

車線逸脱抑制:
16.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
1.4点(5.0点満点)

ペダル踏み間違い時加速抑制:
1.2点(2.0点満点)

 

試験車両:N-VAN L Honda SENSING

◆総合得点:119.2点(126点満点)

被害軽減ブレーキ

  • [対車両]:32.0点(32.0点満点)

N-VAN:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

被害軽減ブレーキ

  • [対歩行者]:64.0点(65.0点満点)

N-VAN:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h

  • 夜間

N-VAN:被害軽減ブレーキ試験 CPFO60km/h

車線逸脱抑制:
16.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
-.-点(5.0点満点)

 

ペダル踏み間違い時加速抑制:
1.2点(2.0点満点)

N-VAN:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

N-VAN:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(後退)

マツダ「アテンザ」

試験車両:アテンザ セダン XD-L Package

 

◆総合得点:113.3(126点満点)

 

被害軽減ブレーキ

  • [対車両]:32.0点(32.0点満点)

アテンザ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

被害軽減ブレーキ

  • [対歩行者]:52.7点(65.0点満点)

アテンザ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h

  • 夜間

アテンザ:被害軽減ブレーキ試験 CPFO40km/h

車線逸脱抑制:
16.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
5.0点(5.0点満点)

 

ペダル踏み間違い時加速抑制:
1.6点(2.0点満点)

アテンザ:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

アテンザ :ペダル踏み間違い時加速抑制試験(後退)

 

マツダ アテンザの詳細は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

マツダ 「アテンザ」2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価「ASV+++」獲得!

スズキ「ソリオ」「ソリオバンディット」・三菱「デリカD:2」「デリカD:2カスタム」

試験車両:ソリオ HYBRID MX

 

◆総合得点:111.1(126点満点)

 

被害軽減ブレーキ

  • [対車両]:32.0点(32.0点満点)

ソリオ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

被害軽減ブレーキ

  • [対歩行者]:62.1点(65.0点満点)

※CPNO40km/hは、
歩行者ターゲットとの衝突映像は
インパクトが強いので掲載しておりません

ソリオ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

  • 夜間

ソリオ:被害軽減ブレーキ試験 CPFO50km/h

車線逸脱抑制:
8.0点(16.0点満点)

後方視界情報:
6.0点(6.0点満点)

高機能前照灯:
1.4点(5.0点満点)

 

ペダル踏み間違い時加速抑制:
1.6点(2.0点満点)

ソリオ:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

ソリオ:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(後退)

2018年度 自動ブレーキ比較!予防安全性能評価まとめ

予防安全性能評価つづき【6~10位】はコチラ

2018年度 自動ブレーキ比較!予防安全性能評価【6~10位】

 

2018年度から自動車アセスメント

①予防安全性能評価の

被害軽減ブレーキ試験に

夜間条件が追加された他、高機能前照灯、

ペダル踏み間違い時加速抑制試験の

得点が加わり、総合得点の満点が

前年度の79点から126点に変わっています。

 

②衝突安全性能評価の動画など詳細は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

2018年度 自動ブレーキ比較!予防安全性能評価【6~10位】

 

前年度は、今回と違う車種の

評価結果を発表していますが

2017年度の安全装備と評価は、

コチラを参考にしてみて下さい^^

 

  • 日産 『エマージェンシーブレーキ』
  • スズキ『デュアルセンサーブレーキサポート』
  • マツダ『i-ACTIVSENSE』
  • ホンダ『Honda SENSING』

は、こちら

自動車メーカー毎に自動ブレーキ(安全装備)など比較してみました!【2017年度】前篇

  • ダイハツ『スマートアシスト』
  • スバル 『アイサイト』
  • 三菱  『e-Assist』
  • トヨタ 『Toyota Safety Sense』

と自動車メーカーの総合評価は、こちら

自動車メーカー毎に自動ブレーキ(安全装備)など比較してみました!【2017年度】後篇

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ