新車で初めてのオイル交換は、

いつすれば良いのでしょうか?

それともしない方が良いのでしょうか?

 

そこで今回は、新車のオイル交換する時期や

オイル交換の必要性など紹介したいと思います。

 

Sponsored Link


新車のオイル交換

慣らし運転のオイル交換は不要?新車の交換時期や5つの役割とは

オイル交換とは、一般的に

エンジンオイルの交換のことを指しますが

エンジンの各部品から出る金属粉や

燃焼時に発生するススや空気中の水分などが

エンジンオイルに混入することがあります。

 

また、有機物のエンジンオイルは、

空気中の酸素にふれ高温になると酸化するので

定期的な交換が必要になってきます。

エンジンオイルは、5つの大事な役割

エンジンオイルの役割と言えば、

まずは、『潤滑』です。

①潤滑

エンジン内部にあるピストンや

クランクシャフトなど様々な金属は、

高速回転しています。

エンジンオイルは、金属同士の摩擦を軽減して

焼き付きを防ぐために油膜を作り潤滑します。

 

また、エンジンオイルにススや水分など

不純物が混ざると油膜の保持能力が低下して

最悪、金属同士が擦れ合ってしまいます。

②洗浄

エンジンオイルは、燃焼や高速回転で生じる

金属粉やススなどの汚れを吸着して

一か所に溜まらない様に分散させる

『洗浄』の役割があります。

 

また、洗浄力を高める添加剤が入っていて

常にエンジン内部を綺麗に保っています。

この洗浄作用でエンジンオイルは、

汚れていき添加剤の洗浄能力も低下するので

交換を怠るとエンジン内部に汚れが蓄積します。

③冷却

そしてエンジンオイルは、燃焼や摩擦によって

超高温になるエンジン内部の熱を吸収する

『冷却』の役割もあります。

 

熱を吸収したエンジンオイルは、

オイルパンに戻って再び冷やされます。

 

エンジンオイルが汚れると、冷却効果は落ち

オイルが循環しなくなると冷却能力が低下して

エンジンの故障につながってしまいます。

④密封

エンジンオイルは、油膜を形成するのと同時に

シリンダーとピストンリングの間を塞ぎ

燃焼ガスの圧力を逃がしにくくする

『密封』の役割があります。

 

なお、隙間が無いとピストン運動できず

同時にせっかく作ったエネルギーが隙間から

逃げるエネルギーロスさせないためにも

エンジンオイルで隙間を塞ぎ密封します。

 

油膜の保持能力が低下すると

発生した圧力が逃げて出力の低下して

結果的に燃費低下につながります。

⑤防錆

最後の役割は、『防錆』です。

 

高温になるエンジン内は、外気温との差で

水分が発生してサビやすくなってします。

エンジンオイルが油膜を形成することで

金属性の部品が水分や空気と触れ合うのを防ぎ

サビの発生を防ぐ役割があります。

 

エンジンオイルが劣化することで

油膜の保持能力が低下するとエンジン内部に

サビを発生させる原因になります。

もしもエンジンオイルを交換しないと

もしもエンジンオイルを交換しないと
引用:http://mateship.info/knowledge-of-cars/oil

エンジンオイルを交換をしないまま走行すると

オイルは劣化して上記右画像のように汚れます。

 

新車を乗り始めたばかりの時期なら

エンジンオイルの交換はしなくても

すぐに大きな故障にはならないのですが

一定の期間使用したエンジンオイルは、

徐々にダメージが蓄積されていくので

新車時の性能を維持できなくなります。

 

そして、全くオイル交換しないままだと

最悪、エンジン本体が動かなくなり

エンジン本体の交換やオーバーホールなど

大掛かりな修理が必要になります。

 

なお、走行距離にもよりますが

1回数千円のオイル交換を年1~2回するだけで

最悪の事態を防ぐことができるなら

定期的な交換で損する事にはならないよね^^

 

Sponsored Link


新車購入後、初めてのオイル交換は?

国産車に限れば、

現在、販売されている新車の場合は、

  • 期間:6カ月~12カ月
  • 距離:5,000km~10,000km

などで交換すれば問題ありません。

 

よく新車を納車後、初めてのオイル交換は

「1ヵ月後、走行距離1,000km」

で交換した方が良いと言われていましたが、

今では、ほとんどのディーラで

無理に交換する必要はない“と言うことで

新車1か月の点検時にオイル交換を

すすめることはなくなりました。

なぜ「1ヵ月後、走行距離1,000km」って言うの?

ではなぜ、初めてのオイル交換時期に

「1ヵ月後、走行距離1,000km」

最適と言われているのでしょうか?

 

工場で生産されたエンジンは使用し始めてから

各部品の「アタリ」が付きます。

その時、各部品は削れて金属粉が発生、

エンジンオイルで洗い流されるので

納車してから1か月後や1,000km走行後に

金属粉などをエンジンの外に出すために

エンジンオイル交換が必要だったからです。

 

しかし、今では工作技術が進歩したので

昔ほど金属粉などが出ることもなくなり

納車されてから1か月や1,000kmで

オイル交換をしないくても良くなっています。

新車を買ったら、慣らし運転は必要?

新車の初回オイル交換と同時に気になるのが

新車の慣らし運転ですが、以前は説明書に

新車の慣らし運転の記載があったのですが

今では、その記載がない車種も増えています。

 

なお、エンジンの性能が上がっているので

慣らしは不要と言う考え方もありますが

ある程度、エンジンの各部品が

なじむまでには時間が必要になるので

慣らし運転はなるべくした方が良いですよ。

 

慣らし運転について、くわしくは

コチラを参考にしてみて下さいね^^

新車の慣らし運転って必要?長く乗りたいならやるべき3つのポイントとは

新車のオイル交換の方法は?

エンジンオイルの交換は、ディーラーや

ガソリンスタンド、カー用品店など

あらゆる店舗で行うことができます。

 

通常時の交換は、毎回、同じ店舗で

行う方が良いと思いますが

新車で初めてのオイル交換は、

ディーラーがもっともおすすめです。

 

その理由は、新車を購入すると

通常、1か月と6か月に無料の点検が付くので

点検作業と同時にオイル交換してしまえば、

もっとも手間が掛からないからです。

エンジンオイルの選び方!種類の見方や特徴、3つの選ぶポイントとは

慣らし運転のオイル交換は不要?まとめ

現在、販売されている一般的な乗用車は、

6カ月5,000kmまでオイル交換は不要です。

 

ただ、早い時期のオイル交換が

無駄ということではないので

せっかく買った新車ならば、少し早めに

オイル交換してあげることがエンジンを

いつまでも良い状態に保つことができますよ^^

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ