車の購入や買い替える場合、

ローンより現金一括の方が

金利がかからないので良いと言いますが

本当にそうなのでしょうか?

 

そこで今回は、

車の購入や買い替えのお金はどうするか?

現金とローンなどメリットやデメリットを含めて

紹介したいと思います。

 

Sponsored Link


車の購入や買い替える場合、現金とローンどちらが良い?

車の購入や買い替えは現金とローンどっちがお得なの?

新車や中古車を購入する場合、

一般的には、現金一括で支払うよりも

ローンで分割して購入することが多いのですが

現金で購入することでのメリットもあります。

車の購入や買い替えで現金一括にするメリット

まず、現金を使って一括払いのメリットは、

利息を払わずに済むことです。

 

なお、ローンを組んでしまうと

利息分の金額を払うことになりますから

元の金額より高くなってしまいます。

利息の分も長い目でみると馬鹿にならないので

可能であれば一括で払う方が良いですね。

 

【現金一括払いのメリット】

  • ローンの金利が上乗せされない
  • 総支払額が少なくて済む。
  • 車を最初からあなたのものにできる
  • ローンが残らないため精神的負担がない
  • 購入値引きを引き出せる可能性がある
  • e.t.c…

 

実は、ディーラーとの取引をする場合に

お金のトラブルを防ぐために即金であれば、

さらに購入値引きを引き出せることがあります。

 

例えば「現金一括だからもう少しおまけして」

と言ってみれば、購入総額から

端数を差し引いてくれることが多いですよ^^

車の購入や買い替えで現金一括にするデメリット

現金を使って一括払いのデメリットは、

貯金など手元の残金が減ることです。

 

もし、車の購入前後で大きな出費があれば、

現金一括で購入すると痛いですよね^^;

また、貯金額の中でしか車種を選べないので

購入できる車は限られてしまいます。

 

【現金一括払いのデメリット】

  • 手持ちの資金が一気になくなってしまう
  • 購入できる車種が限られる
  • ディーラーとの値引交渉が期待できない
  • 貯金額がガクっと減るので
    急に現金が必要な場合に対応しにくい
  • e.t.c…

 

なお、ディーラーなどでローンを組んだ場合は、

ディーラーに手数料が入り値引きしやすいと

言われていますが、現金一括購入では

値引きが入らない可能性も高いです。

 

例えば、予算200万円の車を購入する場合、

購入後は、貯金0で給料頼りの生活になり

もし収入が無くなったら状況が考えれば、

半分の100万円を頭金に入れてローンを組み

残り100万円は、何かあった時のために

手元へ置いておく方が良いと思いますよ。

 

Sponsored Link


車の購入や買い替えでローンを組むメリット

車の購入や買い替えでローンを組むメリットは、

まとまったお金がなくならないところです。

また、金額は多少、かさんでしまいますが

一括で支払う必要がないため

購入できる車種の幅は広がります。

 

【ローンを組むメリット】

  • まとまったお金がなくならない
  • 購入したい車種の幅が広がる
  • 貯金が無くても購入することができる
  • 長期的に一定の額を毎月払うため
    家計の計画を立てやすい

 

ローンは手持ちのお金がなくても

車を購入できるためローンの審査が通れば

誰でもマイカーを持つことができます。

なお、借りた金額に月々金利が上乗せされて

請求されますが一定の金額を払うため

長期の家計計画を立てやすいくなります。

 

ほかにも3年や5年など決められた期間を

払い終えると車を買いとるか手放して

下取りに出すかを決めることができる

「残価設定ローン」が人気です。

残価設定ローンの特徴

  • 通常の自動車ローンより金利が安い
  • 残価を除く分を払い終えたら
    新車を購入するか売却するか
    残価を支払うか選べる
  • 3年や5年の期間を払い終えた後の残価を
    一括かローンで支払わなければならない

 

新車に乗り換えるか、返却する場合は

残価を支払う必要がない場合が多いので

3年か5年でバンバン新しい車に

乗り換えたい時などに有効になります。

 

くわしくはコチラを参考にしてみて下さい^^

残価設定ローンのメリット・デメリット!残クレを使って良い人とは?

車の買い替えでローンを組むデメリット

車の購入や買い替えでローンを組む

もちろんデメリットもあります。

ローンを組むことで発生する

現金一括払いではかからない利息や

保証料を徴収されることもあります。

 

【ローンを組むデメリット】

  • 支払いに利息がかかる
  • 証料を徴収される可能性がある
  • 急に現金が必要になると手元にお金が無い
  • 高い金利で契約すると損をする
  • ローンを完済するまでは、
    あなたのものにならない

 

ローンは借りた金額に金利がかかることで

安いところでは、1%台もありますが

平均すると約3.5%の金利がかかります。

 

一般的に、カーローンの利息は

支払う期間が長いほど高くなり

10年以内に払い終えるように設定されています。

【元金300万・金利3.5%の場合】

  •  3年の合計利息:164,625円
  •  5年の合計利息:274,514円
  •  7年の合計利息:386,842円
  •  9年の合計利息:501,602円
  • 10年の合計利息:559,891円

 

例えば、10年プランで3.5%金利ローンを

組んだ場合では、現金一括に比べて

約56万円の利息が上乗せされる計算になります。

 

他にも月々のローンを払えずに遅延した場合には

車の引き上げが行われることもあります。

もしも、ローン計画が破綻しそうな時は、

所有車を売却、ローンの返済に充てるという

苦渋の選択をしなければならないこともあるので

しっかりと無理のない計算する必要があります。

車の購入や買い替える場合、現金とローンどちらがお得なの?まとめ

車の購入は、現金一括払いやローンを組むのかの

正解はありませんが、あり金を全部はたいて

現金購入はやめましょう!

その預金が「唯一の預金」という場合には、

ローンも視野に入れて下さいね。

 

そして頭金を入れるなどして借入額を

できるだけ小さくなるようにして

今の生活基準に合った支払方法を

慎重に選択するようにしましょうね^^

 

また、車を買い替える場合は、

車両本体のお金ばかりに気を取られがちですが

実は他にも色々と諸費用がかかってきますよ!

 

くわしくはコチラを参考にしてみて下さいね^^

車の買い替え費用はどれくらいかかる?新車、中古車の諸費用などの違い

車を購入する場合、どんな諸費用がかかるのか

しっかりと把握しておいてくださいね^^

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ