ゴールデンウィークや年末年始など長期休暇は、

帰省ラッシュなどで高速道路が激しく渋滞して

どこへ行っても大混雑・・・

車で移動すると渋滞がつきものですが

そもそも、なぜ渋滞って発生するの?

 

そこで今回は、高速道路の渋滞の原因や

渋滞中に気を付けたらいいことなど

紹介したいと思います。

 

Sponsored Link


高速道路で渋滞が発生する理由

高速道路の渋滞の原因!渋滞ってなぜ起こる?先頭はどうなってるの?

そもそも渋滞の定義は、

「一般道」と「高速道路」で異なっています。

 

ちなみに高速道路の場合は、

40km/h以下での低速走行、または、

停止発進を繰り返す車列が1km以上で

15分以上継続した状態のことです。

渋滞の原因は、大きく3つに分かれる

高速道路の渋滞の原因は、

大きく分けると3つあります。

  • 交通集中渋滞
  • 工事渋滞
  • 事故渋滞

 

工事、事故は、それが原因になって

車線数が減少して発生しています。

なお、NEXCO東日本では

渋滞原因の約7割が「交通集中」になります。

 

連休や年末年始、お盆など道路の容量以上に

車が集中すると自然と車間距離が詰まり

気づかないくらいのスピードダウンでも

渋滞につながることがあります。

渋滞の先頭では、何が起きているの?

交通集中渋滞のうち、約6割が

「上り坂」「サグ」と呼ばれる

下り坂から上る坂にさしかかる

凹部の部分での速度低下で発生します。

 

この2か所では、速度が低下すると

前走車との距離が縮るので

ブレーキをかけて速度の調節を行いますが

後に続く車両も次々にブレーキをかけることが

渋滞につながります。

 

また、インターチェンジでは、

走行車線を走る車が合流する車にあわせて

速度を落とすため走行車線の流れが停滞して

流れが悪くなることから

追越車線へ車線変更する車が発生して

追い越し車線の車の速度も落ちて

渋滞が発生してしまいます。

 

というわけで、渋滞の先頭から

離れれば離れるほど、なぜ渋滞しているのか

わからなくなっているという現象が発生します。

追越車線で渋滞が発生するメカニズムとは?

走行車線をある1台の車が

ゆっくり走行した場合、その車を追い越そうと

後ろの車が次々と追越し車線を利用すれば

追越車線には、車群が形成されます。

 

そうすると何かの拍子に

追越車線の車群の車がブレーキを踏んだ場合に

後ろの車も次々とブレーキを踏んでしまいます。

そして、追越車線が渋滞すると

走行車線でも後続車が速度を落とすために

渋滞が発生してしまいます。

 

なお、その他の交通集中渋滞は、

  • 接続道路からの渋滞 :19%
  • インターチェンジ付近:11%

となっていることからも

約60%を占める上り坂やサグ部では、

圧倒的に多くなっていることが分かります^^;

 

Sponsored Link


あなたが渋滞の原因にならないためには

渋滞は、原因をつくった車の後方で発生するので

あなたが自ら渋滞を引き起こしたことに

気付けないのがやっかいなところです^^;

 

なので前方確認はもちろんですが

後続車にブレーキを踏ませないように

視野を広く持った運転が大切になってきます。

 

ちなみに渋滞中に、ある箇所を通過すると

突然一気に進めるようになった!

という経験、ありませんか?

それはたいてい渋滞の原因となっていた

上り坂やサグ部を通過したからです!

 

渋滞は、混雑時のほんのわずかな

速度低下がきっかけで発生します!

一度発生したブレーキの波は、

ドンドンと後方に伝達していきます。

 

その原因となった車は、すでに通過して

渋滞ポイントには影も形も残っていないので

渋滞を抜けた時に、何も起きていないのに

どうしてあんなに混んでいたんだろう?

と不思議な感覚になるのはそのためですね。

 

なお、NEXCO東日本では、

こうした渋滞が発生しやすいポイントに

  • 速度低下を抑制する標識
  • 渋滞ポイントを知らせる標識

などの標識を設置して

ドライバーに渋滞を起こさないようにする

渋滞予防運転を呼びかけています。

 

高速道路で以下の標識を見かけたら

  • この先上り坂
  • 速度低下に注意
  • ここが渋滞ポイント

あなたが渋滞の原因とならないように

速度低下に注意して運転したいものですね。

渋滞中に注意して走行したら良いの?

渋滞中は、

  • 注意が散漫になりやすく
  • 長距離移動の疲れが出て事故を起こす

と言ったことを避けるためには、

早めの休憩を心掛けましょう。

 

また、大型連中やお盆、年末年始の期間は、

高速道路本線だけでなく休憩施設も混雑するので

ゆとりのある計画で

早め早めの休憩をとりましょう。

 

その他、道路情報や迂回ルートを調べるには、

NEXCO東日本公式サイト「ドラぷら」から

簡単に検索ができますので、

助手席等の方に調べてもらうのもおすすめです。

また、ドライバーの方には渋滞中には、

「車間時間」を意識して運転しましょう!

 

具体的には、高速道路が混雑してきたら

前の車の「約2秒」後ろを走るように

心がけることで、事故と渋滞を

ダブルで予防することができます。

 

前の車に近づきすぎると追突の危険がありますが

高速道路が混雑している場合は、

前の車と離れすぎると高速道路を

走行できる台数が減って割り込みをまねき

渋滞を引き起こす原因にもなってしまうので

つかず離れずの間隔の

「約2秒」がポイントになってきます。

高速道路の渋滞の原因!まとめ

低速で進んだり止まったりを繰り返す渋滞中は、

おのずと事故の危険性も高まります。

 

もしも事故が起きると、

更なる渋滞を引き起こすこともあり

せっかくのおでかけが台無しになるので

可能な限り渋滞が発生しない時間帯に走ったり

高速道路の利用する日を変更することも

渋滞を回避するのには有効ですよ。

 

万が一渋滞に巻き込まれてしまったときは、

ドライバーは先行車との距離を

十分あけたり疲れたら早めに休憩を取るなど

ゆとりのある運転を心掛けたいですよね。

 

なお、高速道路で追越車線を走行し続けると

道路交通法20条違反で罰則を

科せられる場合もあるので、追越車線の利用は

必要性がある時のみにとどめて

スムーズで安全な運転を心がけましょうね^^

 

運転中の眠気!高速道路など車の運転中に眠くなる理由や対策とは

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ