日産自動車は、9月29日、

出荷前の車両の完成検査を

未認定者が行っていたことを発表した。

 

Sponsored Link



「日産自動車(株)の
型式指定自動車の完成検査に係る
不適切な取扱いについて」は、

こちら⇒  国土交通省

リコール対象は、日産「ノート」、電気自動車「リーフ」など24車種 約121万台

10月2日、横浜の日産本社で会見を実施。

「完成検査不備について」

西川社長が会見で

速やかな対応をしながら、
明確なコミュニケーションを
お客様と取りながらできる限り
信頼を回復していきたい。

一方で1カ月程度お時間をいただいて、
この件に関する原因を検討して、
その上で対策を取っていきたい

◆既登録車の対応について◆

再点検の方法:

  • 全国の日産販売会社の
    サービス工場にて
    点検を実施する予定

対象台数:

  • 約121万台
    (2014年10月~2017年9月製造)

実施時期:

  • 今週中にリコールを国土交通省に
    届出後、すみやかに実施予定

「日産 安全性に問題なし西川社長、会見で強調」

日産ホームページでは、

リコール対象車について詳しく

は、こちら

⇒ 完成検査不備に関する既登録車のリコールについて

 

車台番号を入力するとチェックできる
リコール等対象車両検索ページ

は、こちら⇒ リコール・改善対策・サービスキャンペーン対象車の検索

日産の件「完成車検査」とは、どんな検査? 問題なのは?

今回の日産の問題を簡単にいうと、

日本の車メーカーが

国内向けに車を生産する場合、

 

国交省との間で認められた

資格を持つ「検査員」が

完成車検査を実施することによって、

登録ができる工程を

 

無資格の「非検査員」によって

作業が行われていた。

 

その結果、完成車検査は、

ノーカウントとなり

 

全車の再検査が必要になる

 

っていう話です。


(出典:HONDA)

こちらの記事も参考にしてみてください^^

⇒  日産「ノート」売れ行き絶好調!大人気の理由など考察

 

Sponsored Link


日産車に乗っている人は、少し得するかも?一回目の車検が『無料』の可能性が大!

車検を1度も通していない車両は、

日産の問題で

『全車リコールの対象となる』

日産によると

国土交通省が認可した
日産の整備工場で、

車検時と同じチェックを受け
合格してから返却となります。

となる模様。

つまり2ヶ月後に、

1回目の車検を

「車検切れの1ヶ月前~車検切れ前日」

タイミングでリコールに出して

ディーラーから戻ってきた車両は

 

『無料で』

 

車検に合格するということになります!

 

「リコールとは?」についての記事はコチラ

⇒ 愛車がリコール!?他人事ではありませんよ!そもそもリコールとは?

日産の問題で思うこと

今回の日産の問題は

「品質」「安全性」

保たれていたとしても

 

国とメーカーとの

「ルール」

会社ぐるみで軽視していたことは

 

安心安全の

信頼を落としかねないことを

忘れてはいけない

今回も最後まで

お読みいただき

ありがとうございます。

この記事が少しでも

あなたのお役に立てたら幸いです^^

 

リコール一覧情報

 

新たなリコール情報!

⇒ 日産リコール問題 再び!既に約4,000台販売!なぜ日産はリコールしてるの?

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ