ホンダ新型「N-BOX」がJNCAP予防安全性能アセスメント最高評価を獲得

JNCAPの2017年度

予防安全性能アセスメントにおいて

 

軽乗用車における

最高得点「予防安全性能評価 ASV++」を

獲得したことを発表しました。


(出典:JNCAP)

 

Sponsored Link



新型「N-BOXは、

Hondaの軽乗用車として初めて

 

先進の安全運転支援システム

Honda SENSING(ホンダ センシング)

を全タイプに標準装備。

 

従来の8機能加え、

夜間走行時にハイビームとロービームを

自動で切り替える「オートハイビーム」

Honda初となる

「後方誤発進抑制機能」を装備しています。

参照元:ホンダ 11/1 ニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2017/4171101.html

ホンダ新型「N-BOX」がスズキ「スペーシア」の自動ブレーキ超えた!


(出典:ホンダ 新型N-BOX

◆新型「N-BOX」試験結果◆

※試験車両は「G・Honda SENSING」

  • 被害軽減ブレーキ(対車両):
    32.0点(32.0満点)
  • 被害軽減ブレーキ(対歩行者):
    22.6点(25.0満点)
  • 車線逸脱抑制:
    16.0点(16.0満点)
  • 後方視界情報:
    6.0点(6.0満点)

合計:76.6点(79.0満点

 

「被害軽減ブレーキ(対車両)」、

「車線逸脱抑制」、

「後方視界情報」が満点!

 

最近では、

被害軽減ブレーキ「対車両機能」の満点は

普通になりつつありますが、

 

注目なのは、

「対歩行者機能」です!

 

<被害軽減ブレーキ(対歩行者):
22.6点(25.0満点)>

【N-BOX:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h】

 

【N-BOX:被害軽減ブレーキ試験 CPN40km/h】

 

【N-BOX:被害軽減ブレーキ試験 CPNO35km/h】

↑  ↑  ↑

動画を見る限り

普通の速度に関係なく停止できますね!

 

N-BOXの自動ブレーキは

凄まじい性能だと思います。

 

でも、あくまで

緊急時の予防安全技術ですので

過信しないように注意が必要ですね^^

 

【過去記事】

⇒ ホンダ新型N-BOX  軽量化でも先進技術が詰まってる

 

Sponsored Link



ライバル軽ハイトワゴンの

ダイハツ「タント」と

スズキ「スペーシア」を調べてみたら・・・

 

ダイハツは「スマートアシストIII」搭載。

【スマートアシストIII】

2016年度の

予防安全性能アセスメントの基準では!?

 

<被害軽減ブレーキ(対歩行者):
11.5点(25.0満点)>


(出典:JNCAP 2016 ダイハツ「タントcustom」)

スマートアシストIII」は

ホンダ「N-BOX」

自動ブレーキの相手ではないかも!?

 

「タント」についての記事はコチラ

⇒ ダイハツ『タント』販売200万台達成!次期モデルを東京モーターショーで出展か?

 

スズキは、自動緊急ブレーキ機能

「デュアルセンサーブレーキサポート」、

「後退時ブレーキサポート」などの

最新の運転支援システムを搭載。

 

<被害軽減ブレーキ(対歩行者):12.9点(25.0満点)>

(出典:JNCAP 2017 スズキ「ワゴンR」)

最近の自動ブレーキは

質が落ちているのかな?

 

2016年度の

予防安全性能アセスメントの基準では!?

 

<被害軽減ブレーキ(対歩行者):20.9点(25.0満点)>

(出典:JNCAP 2016 スズキ「スペーシア」)

次期スペーシアで質を落としたら

N-BOXには絶対に勝てないかも?

 

「スペーシア」についての記事はコチラ

⇒ スズキ「スペーシア」2018年春に新型モデル?東京モーターショーでコンセプト発表!

 

※(追記:2018/3/19)

スズキ新型「スペーシア」の
予防安全性能評価結果を公開されました!

<被害軽減ブレーキ(対歩行者):
11.2点(25.0満点)>


(出典:JNCAP 2017 スズキ新型「スペーシア」)

新型スペーシアは、

2017年の評価基準が新しくなり

自動ブレーキの評価が

下がりましたね^^;あらら

 

ファミリーや高齢者の方などにオススメな

ホンダ新型「N-BOX」が

軽自動車No.1の『自動ブレーキ』

が搭載となり

ライバル車もウカウカできませんね!

安全性のお墨付きを得て

ホンダ新型「N-BOX」が

またも、

みなさんの購入候補に入りそうですね^^

 

[関連記事]

⇒ ホンダ 新型「N-BOX」発売から約1ヵ月で目標の3倍を超える52,000台を受注!

⇒ ホンダ 新型『N-BOX』を試乗しました。「すごく乗り心地がいい!」

 

こちらの記事も参考にしてみてください^^

⇒ 【愛車の買い替え検討している方は必見!】ディーラーで下取りすると損しますよ!

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ