スズキは11月24日、

約21万台のリコールを

国土交通省に届け出ました。

サスペンション

(車体前部と緩衝装置を結合)部品の

さび防止が不十分で、

腐食して外れる可能性があります。

最悪の場合は、走行不能になります。

 

Sponsored Link


リコール対象車両は?

リコール対象:

2007年2月 ~ 2007年7月製造

  • ワゴンR  【スズキ】
  • アルト   【スズキ】
  • MRワゴン 【スズキ】
  • セルボ   【スズキ】
  • ピノ    【日産】 スズキOEM
  • モコ    【日産】 スズキOEM
  • AZ-ワゴン【マツダ】スズキOEM
  • キャロル  【マツダ】スズキOEM

上記の軽乗用・貨物の8車種、

合計21万876台。

※車種によって期間は異なります。

 

国土交通省によると降雪地・沿岸部で

「走行不能になった」「異音がする」など

30件の不具合報告がありますが

事故報告はないそうです。

 

リコールの届出について
(スズキ ワゴンR 他)

リコール届出一覧表

⇒  国土交通省 :PDF形式

改善箇所説明図

⇒  国土交通省 :PDF形式

 

Get ADOBE READER 別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックして
Adobe Acrobat Readerをダウンロードしてください
(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、
PDFファイルが正常に表示されない場合は
こちらをご覧ください。

参照元:国土交通省

各メーカーのリコール情報を知るには?

【スズキ】


(出典:スズキ)

ワゴンR、アルト、

MRワゴン、セルボのリコールについて

リコール情報は、こちら⇒ スズキ

車台番号検索は、こちら⇒ スズキ

 

【日産自動車】


(出典:日産自動車)

 ピノ、モコのリコールについて

リコール情報は、こちら⇒ 日産

車台番号検索は、こちら⇒ 日産

 

【マツダ】


(出典:マツダ)

AZ-ワゴン、キャロルのリコールについて

リコール情報は、こちら⇒ マツダ

車台番号検索は、こちら⇒ マツダ

今回のリコールで思うこと

それにしても

半年で約21万台も売ってるって凄いですね!

もしも、道路上で

突然、走行不能になったら怖いですが・・・

 

今回の不具合は、

降雪地・沿岸部でのサビですよね?

メーカー自体に問題があるのかな?

 

10年前の腐食をリコールするなんて

今更って感じもしますが^^;

 

もしも

早い段階で不具合になったユーザーが

自腹で修理しても当然、

 

修理記録もなくなってるだろうし

廃車や買い替えなどで

対象台数が少なくなった頃に、

 

リコールにすれば

費用も少なくて済みますし^^;

 

Sponsored Link


スズキのユーザーは、

スズキ車の足回りの防錆処理は
良くないのは確か

ワゴンRは
リアフェンダー周辺が
すぐ錆びるので
何とか対策して欲しい。

確かにスズキの車両の塗装は弱いので
沿岸部や融雪剤を撒く雪道を走ると
数年で穴が空いてる
ボディーをよく見かける。

ワゴンRなんかほとんどが
後ろのフェンダーの塗装が
浮いて中から錆びてる。

塗装浮いて錆びるのって
鉄板自体が安いからで、
一度そうなると錆び止めは難しい。

スズキ車は
ストップ/テールランプが
片切れしてる車両をたくさん見かけるから
アース不良だと思うけどね。

スズキはブレーキランプ切れの問題を
優先的に取り組んで下さい。
片側点灯、ハイマウントのみ点灯、
点灯すらしない車両もいて
後方の車両は非常に迷惑です。

スズキの場合、
錆びのリコールより
リヤのテールランプの片切れが
多すぎるんじゃない?

テールランプが
すぐ切れる不具合もリコールしろ

スズキの車で、
接触不良か分かりませんが、
ブレーキライト片側不点灯だったり、
ブレーキを踏むと
尾灯まで消えてしまう車が多すぎます。

スズキのユーザーのクチコミを読むと

ワゴンRは、

  • リアフェンダー周辺がすぐ錆びる。
  • 塗装は弱い。
  • 塗装が浮いて中から錆びてる。

 

それと「スズキ車」は、

ブレーキランプ切れ

不具合をあげていますね!

 

最近は、追突事故が多いので

不点灯だと怖いですね・・・

早くリコールになったほうがいいですね!

 

今回も最後まで

お読みいただき

ありがとうございます。

この記事が少しでも

あなたのお役に立てたら幸いです^^

 

リコール一覧情報

 

(追記:1/19)

⇒  リコール情報:1/18】スズキ[OEM:日産・マツダ]計7車種、約12万台 ABS不具合614件!

 

[関連情報]

⇒ リコール未改修車130万台 2018年5月から車検不可に!【タカタ製エアバッグ:対象車両一覧】

⇒ リコール対象車は?スバル無資格検査問題でリコール25.5万台→40万台へ!

⇒ 日産リコール問題 再び!既に約4,000台販売!なぜ日産はリコールしてるの?

 

こちらの記事もどうぞ^^

⇒ 愛車がリコール!?他人事ではありませんよ!そもそもリコールとは?

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ