前回記事は、コチラから

【2018年】車を買うなら必ず付けたい「安全装備」と「運転支援機能」

先に読んでくださいね^^

新車を選ぶ時に、

気になるポイント「安全装備」ですが

 

「安全装備」には、

いろいろ種類がありますが

最もメリットが大きいのは

『自動ブレーキ』です。

 

自動ブレーキは、

衝突軽減ブレーキとも呼ばれています。

 

今回は『自動ブレーキ』を中心に

自動車メーカーごとに

比較してみたいと思います。

 

※【2018年度の自動ブレーキの評価結果】を

追記しました。

詳しくはコチラを参考にしてみて下さい^^

自動ブレーキなど予防安全性能評価(安全装備)比較【2018年度】

 

Sponsored Link


自動ブレーキは「対歩行者」がポイントです

『自動ブレーキ』には、

必ず「対車両」は、装備されているので

 

注目すべきは、

(被害軽減ブレーキ)「対歩行者」です。

 

自動車メーカーが多いので

前篇・後篇に分けて評価してみますね^^

【前篇の目次】は、コチラ

 

【後篇】を先に読みたいあなたは、

⇒ 自動車メーカー毎に自動ブレーキ(安全装備)など比較してみました!【2017年度】後篇

 

【後篇の目次】は、コチラ

2017年10月26日に

JNCAP(独立行政法人自動車事故対策機構)

で発表された。

平成29年度前期自動車アセスメントの評価結果

を紹介しながら進めていきます。

自動車アセスメントとは、

国土交通省と自動車事故対策機構は、
安全対策の一つとして、

現在市販されている
自動車の安全性能について
試験による評価を行い、

その結果を
「自動車アセスメント」として
公表しています。

目的は、

自動車ユーザーの安全な車選びをしやすい
環境を整えるとともに、

自動車メーカーのより安全な自動車の開発を
促進することによって、安全な自動車の普及を
促進しようとするものです。

具体的には

市販されている乗用車は、
全て国が定めた道路運送車両の
保安基準に適合していますが、
衝突時に被害を軽減するための

性能や事故を
回避するためのブレーキ性能については、
車種によって違いがあります。

このため、
これらの安全性能を
比較するための試験を行い、
その結果を公表しているものです。

予防安全性能評価試験2017年度ランキング

※2017/10/31
ホンダ新型N-BOXを追加。

※2018/3/19
スズキ新型クロスビー・スペーシア、
ホンダシビック セダン・ステップワゴン
を追加。

(※追記:4/11)

マツダ「CX-8」自動ブレーキなど満点評価!!2017年度JNCAP予防安全性能評価

(※追記:5/31)

スズキ「スイフト」2017年度JNCAP衝突安全性能評価で最高ランク獲得ですが・・・

車種名 メーカー名 総合得点
79.0
満点
被害
軽減
ブレーキ
(対歩行者)
25.0
満点
1位 ノート 日産 79.0 25.0①
2位 CX-5 マツダ 78.5 24.5②
3位 シビック セダン ホンダ 78.4 24.4③
4位 新型N-BOX ホンダ 76.6 22.6④
5位 レヴォーグ/WRX スバル 76.5 22.5⑤
6位 C-HR トヨタ 74.4 20.4⑥
7位 ィット ホンダ 65.5 11.5▼
8位 ステップワゴン ホンダ 64.6 10.6▼⑫
9位 アウトランダーPHEV/アウトランダー 三菱 63.2 17.2△
10位 新型クロスビー スズキ 60.9 14.9△⑧
11位 ワゴンR/ワゴンRスティングレー スズキ 58.9 12.9△
フレア マツダ
12位 新型スペーシア スズキ 56.7 11.2⑪
13位 ルーミー/タンク トヨタ 30.6 –.-
トール ダイハツ
ジャスティ スバル
 ※参考 2016年度(2017/3/14結果)
タント カスタム

「スマートアシストⅢ」

ダイハツ 56.2 11.5

※「スマートアシストⅡ」には、
対歩行者(被害軽減ブレーキ)はありません。

  • ルーミー/タンク(トヨタ)
  • トール(ダイハツ)
  • ジャスティ(スバル)

日産『エマージェンシーブレーキ』

センサーを含めて、

単眼カメラ、赤外線レーダー、

ミリ波レーダーなど複数のタイプを使います。

 

単眼カメラは、多くの車種に採用。

赤外線方式は、

一番低コストで主に商用車に採用。

 

レーダー方式は、人の検知はできません。

スカイライン、フーガなどの高級車種に採用。

 

【インテリジェントエマージェンシーブレーキ

(出典:日産)

ノート、セレナ、エクストレイルなどに装着。

車速約10~80km/hの範囲で作動します。

 

「安全装備」

  • 自動ブレーキ:歩行者/車両
  • 歩行者検知 :◯
  • 誤発進抑制 :前/後

 

センサーは、マルチセンシングカメラで

歩行者と車両を検知して緊急ブレーキを作動。

 

運転支援機能のプロパイロットは、

同じ単眼カメラから

車間距離を自動制御して操舵の支援もします。

 

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

1位:ノート

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
25.0点(25.0満点)

[合計]:79.0点(79.0満点)

 

ノート:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

ノート:被害軽減ブレーキ試験 CPNO45km/h

総合評価:AAA

 

JNCAP満点評価。技術の日産。

他社と比べ別次元の性能です!

 

大人気「ノート」に

本気の自動ブレーキを搭載しています。

自動運転と自動ブレーキ性能が

密接に結びついたパッケージングです。

日産「ノート」売れ行き絶好調!大人気の理由など考察

【エマージェンシーブレーキ】

(出典:日産)

デイズ/デイズROOXなどに装着。

※三菱の姉妹車:
eKワゴン(デイズ)
eKスペース(デイズルークス)

 

「安全装備」

  • 自動ブレーキ:車両
  • 歩行者検知 :×
  • 誤発進抑制 :前

 

赤外線レーザーレーダーで

前方のみ車両を検知。

 

総合評価:E

これも技術の日産!軽自動車なんで、

こんなものでしょう。

しかし今後、

軽自動車にも高い技術が搭載されると

鬼に金棒になりますね^^

日産 新型「リーフ」JNCAP衝突安全性能評価で最高評価!先代より評価アップ!?

 

Sponsored Link



スズキ『デュアルセンサーブレーキサポート』

最新版は「デュアルセンサーブレーキサポート」

その他

「デュアルカメラブレーキサポート」、

「レーダーブレーキサポート」などの

衝突被害軽減システムを装備。

 

【デュアルセンサーブレーキサポート】

単眼カメラとレーザーレーダー

2つのセンサーで、

前方の歩行者やクルマを検知。

 

近距離や夜間の検知に優れた

レーザーレーダーと、

歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせ。

(出典:スズキ)

ワゴンR/スティングレー、

スイフト/スイフトスポーツに搭載。

※マツダのOEM車:フレア(ワゴンR)

 

「安全装備」

  • 自動ブレーキ:歩行者/車両
  • 歩行者検知 :◯
  • 誤発進抑制 :前

スズキ「スイフト」2017年度JNCAP衝突安全性能評価で最高ランク獲得ですが・・・

(※追記:2017/12/25)

新型クロスビー、新型スペーシア/スペーシア カスタム、
(OEM:マツダ新型フレアワゴン/レアワゴン カスタムスタイル)

  • 誤発進抑制 :後退時ブレーキサポートが追加されました!

 

クロスビーを試乗した評価【エクステリア・インテリアデザイン篇】

 

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

10位:ワゴンR/ワゴンRスティングレー

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
12.9点(25.0満点)

[合計]:58.9点(79.0満点)

 

※(55km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CPN15km/h

 

※(45km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

総合評価:C

 

ダイハツ「スマアシⅢ」と同程度の性能。

新型ワゴンRに搭載された自動ブレーキは

対車両は◎、対歩行者は高くありません。

 

対歩行者は、新型N-BOXは別格としても

モデルチェンジまじかの

現行スペーシア(対歩行者:20.9)にも

大きく劣ります。

 

新型スイフト、新型ワゴンRに投入した

自動ブレーキですが

性能の低下が心配ですね^^;

12/14発売!スズキ新型『スペーシア』『スペーシアカスタム』特徴その2「充実した安全装備」

 

(※追記:3/19)

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

12位:スペーシア

■被害軽減ブレーキ(対車両)
31.5点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
11.2点(25.0満点)

[合計]:56.7点(79.0満点)

 

※(55km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

スペーシア:被害軽減ブレーキ試験 CPN20km/h

 

※(45km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

スペーシア:被害軽減ブレーキ試験 CPNO25km/h

総合評価:Ⅾ

 

ワゴンR(12.9)よりも全高が高い分、

対車両・対歩行者とも

評価が下がりますね^^;

 

≪※旧型スペーシア2016年度評価⇒ 2017年度評価

被害軽減ブレーキ

(対車両) :31.8点(32.0満点)
⇒ 31.5点(32.0満点)

(対歩行者):20.9点(25.0満点)
⇒ 11.2点(25.0満点)

合計:66.7点(71.0満点)
⇒ 56.7点(79.0満点)

 

旧型スペーシアとは評価基準は違いますが

安全評価は、下がった印象ですね・・・

 

更にライバルの新型N-BOX、

差を広げられる結果となりましたね^^;

 

[関連記事]

ホンダ新型「N-BOX」自動ブレーキ「スペーシア」超え!予防安全性能が最高評価!

 

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

10位:クロスビー

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
14.9点(25.0満点)

[合計]:60.9点(79.0満点)

 

※(55km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

クロスビー:被害軽減ブレーキ試験 CPN20km/h

 

※(45km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

クロスビー:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

総合評価:C

 

軽自動車の新型N-BOXに完敗。

相当な進化がないと

縮まるような差ではない感じがしますね^^;

 

【デュアルカメラブレーキサポート】

2つのステレオカメラで、

歩行者もクルマも検知して、

万一の際のブレーキをサポート。

 

旧型スペーシア/カスタムZ、

ハスラー、

ソリオ/バンディット、

イグニスに搭載。

 

【レーダーブレーキサポート】

レーザーレーダーで、

5~30km/hで走行中、前方の車両を検知、

自動ブレーキが作動。

ラパン、アルト、エブリイなどに搭載。

マツダ『i-ACTIVSENSE』

単眼カメラを使った

シティ・ブレーキ・サポートを

幅広い車種に標準表備。

 

自動ブレーキには、ミリ波レーダーの

SCBS
(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)や

最新の「アドバンストSCBS」などがあります。

 

i-ACTIVSENSEの歩行者対応自動ブレーキ

【アドバンスト・スマート・シティ・
ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)】

(出典:マツダ)

アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5などに装着。

 

「安全装備」

  • 自動ブレーキ:歩行者/車両
  • 歩行者検知 :◯
  • 誤発進抑制 :前/後

 

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

2位:CX-5

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
24.5点(25.0満点)

[合計]:78.5点(79.0満点)

 

CX-5:被害軽減ブレーキ試験 CPN50km/h

【CX-5:被害軽減ブレーキ試験 CPNO45km/h】

総合評価:AA

 

日産の自動ブレーキ部門で

一歩譲りますが高評価です。

 

最新の「アドバンストSCBS」は、

下位グレードのデミオにも装着される予定。

マツダ「デミオ」12/7発売!『ノーブル クリムゾン』何が変わるの?

※追記:4/11

マツダ「CX-8」自動ブレーキなど満点評価!!2017年度JNCAP予防安全性能評価

ホンダ『Honda SENSING』

高性能【Honda SENSING】を

N-BOXなどに採用。

 

【Honda SENSING
衝突軽減ブレーキ(CMBS) 】

(出典:ホンダ)

「安全装備」

  • 自動ブレーキ:歩行者/車両
  • 歩行者検知 :◯
  • 誤発進抑制 :前/後

 

センサーに

『ミリ波レーダー』+『単眼カメラ』

衝突軽減ブレーキは、車両と歩行者を検知。

歩行者事故低減ステアリングなど

装備しています。

 

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

4位:N-BOX(ホンダ)

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
22.6点(25.0満点)

[合計]:76.6点(79.0満点)

 

N-BOX:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

 

※(45km/h)歩行者ターゲットとの
衝突映像はインパクトが強いので
掲載しておりません。(参照元:JNCAP)

N-BOX:被害軽減ブレーキ試験 CPNO35km/h

総合評価:A

 

新型N-BOXは、軽自動車の車格でありながら

総合でも4位と乗用車に肉薄しています!

軽自動車のライバルを引き離す

圧巻の高得点ですね!

 

衝突安全機能は、一通り網羅されています。

歩行者事故低減ステアリングや標識認識など、

独自の装備があるのも注目でしょう。

ホンダ新型「N-BOX」自動ブレーキ「スペーシア」超え!予防安全性能が最高評価!

(※追記:3/19)

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

3位:シビック セダン(ホンダ)

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
24.4点(25.0満点)

[合計]:78.4点(79.0満点)

 

シビック:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

シビック:被害軽減ブレーキ試験 CPNO40km/h

総合評価:AA

 

昨年11月29日に

欧州の自動車アセスメント「ユーロNCAP」で

最高評価☆☆☆☆☆(5つ星)を

獲得していましたので順当な結果ですね^^

新型シビック ハッチバック11/29「ユーロNCAP」衝突安全で最高評価☆☆☆☆☆(5つ星)

(※追記:3/19)

『自動車アセスメント2017年度ランキング』

8位:ステップワゴン(ホンダ)

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
10.5点(25.0満点)

[合計]:64.6点(79.0満点)

 

ステップワゴン:被害軽減ブレーキ試験 CPN50km/h

総合評価:C

 

ライバルの日産セレナと比較して

 

セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

セレナ:被害軽減ブレーキ試験 CPNO45km/h

※日産セレナ(2016年の評価基準)

総合評価:AAA

■被害軽減ブレーキ(対車両)
32.0点(32.0満点)

■被害軽減ブレーキ(対歩行者)
25.0点(25.0満点)

[合計]:71.0点(71.0満点)

 

2017年の評価基準が、

厳しい評価になったとしても

ライバルは、満点ですからね^^;

 

≪自動車メーカー毎に自動ブレーキ(安全装備)
など比較してみました!【2017年度】≫

続きはこちら⇒ 後篇

自動車メーカー毎に自動ブレーキ(安全装備)など比較してみました!【2017年度】後篇

 

戻る⇒ 【2018年】車を買うなら必ず付けたい「安全装備」と「運転支援機能」

【2018年】車を買うなら必ず付けたい「安全装備」と「運転支援機能」

 

(追記:1/11)

⇒ 「自動ブレーキ評価」2018年度から新基準へ【国土交通省】

(追記:1/19)

⇒ 自動ブレーキで誤作動(急加速、急減速など)24.5%!! 物損事故122人!!【国民生活センター】

(追記:2/21)

⇒ アクセル・ブレーキペダルの踏み間違い防止装置「ワンペダル」

(追記:2/25)

⇒  自動ブレーキを車検項目に!料金も上がるの?2018年度以降の改定を目指す【国交省】

 

こちらの記事も参考にしてみてください^^

⇒  車両保険の相場を調べて金額が安くなるの?

⇒  ドライブレコーダーが欲しいけど…どれを選べばいいの?おすすめのドライブレコーダー

 

Sponsored Link


新車を値引きから、更に50万円も安くなる方法とは?

愛車を売る時に、

まず最初に行っておくべきなのが

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

 

なぜ一括査定がおすすめなのか?

 

ディーラーでは 30万円の下取りが

買取業者では 80万円になることも

多々あるからです!

 

愛車の相場を正しく把握するためにも

買い取り店で車を査定すること

をおすすめします。

 

自分で下取り査定をする場合、

買取業者は複数あり

査定額は、店ごとに違います。

 

理想は、査定額の一番高い見積もりを

入手することですが

現実的に、すべての査定を行うのは

無理ですよね?

 

そこで役立つのがネットでの

無料一括査定サービスです。

 

一括査定サイトを使えば、

最大10社の大手下取り会社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので

結果的に、値段は吊り上りますよ。

 

ネットで簡単な

一括査定サービスを利用して

下取り査定の高い価格を

入手しておきましょう。

 

下記の公式サイトから見積依頼できます。

↓↓↓

車買取一括査定の

おすすめランキングは、コチラ

↓↓↓

中古車買取一括査定サイトを比較してみます!おすすめ人気ランキング

 

Sponsored Link


 

関連コンテンツ